Education & Career

教育制度・キャリア

研修体系

training system

三菱食品では、「常に「中核」に向かって自律考動し、果敢に挑戦する人材」の育成を目指し、職場でのOJTを基本としながら、計画的な配置(異動)と体系的な研修を連動させ人材育成を実施しています。

4つの柱を基本とし、能動的に変化に対応する人材へと成長するサポートをしています。

PICK UP

新入社員研修

会社の基本的ルールやビジネスマナーの習得といった社会人の基礎を学ぶだけでなく、「食の中核」を目指す三菱食品のビジネスの基本を、現場での業務研修を通じて学びます。ここから三菱食品社員としての生活がスタートします。

社員が活躍し続ける為に

to continue to be active

キャリア形成の意志の共有

職場の誰もが情熱を持って活躍できる環境をつくるために、社員と上司の間で、業務や職場に対する意見を交換し合うツール「コミュニケーションカード」。中長期的なキャリア形成に対する自身の考えを上司と共有することで、組織的に社員の成長を支援していきます。

自らの想いにチャレンジ

事業ニーズに応じて実施される「社内公募制度」。部門トップに直接意思表明の上、選考を経て異動を実現させることができます。情熱を持った社員が活躍できる風土を加速し、自身の成長や組織の成長に繋げます。

キャリアデザインセミナー

自らキャリアを築く「自律的キャリア」のマインドを醸成する為に、若手層・中堅層・シニア層に対してそれぞれ本セミナーを実施しています。自身の価値観や強みの把握、現業務・組織における自身の期待役割を捉えた上で、今後のキャリアを考えることを目的としています。

通信教育講座

社員の自己啓発、個々の能力向上の機会として、各教育団体の通信教育講座について受講料の一部を会社が負担します。食の専門知識習得から語学、デジタルに関する知識など約300の講座を受けることができます。