支えるは甘くない。
社員9人のエピソード。

私たち三菱食品は、あらゆる食の中核企業として、 日本の食を支え、社会の暮らしをより良くするため、奮闘しています。 そこにいる社員もまた、誇りと情熱を持って業務に取り組んでいます。 食品業界は一見華やかに見えるかもしれませんが、 一方で現場では各社員がさまざまな壁や苦悩を乗り越えて、今日に至っています。 そんな現場での出来事とそれを乗り越えた社員のエピソードをご紹介します。

#01

食を支える三菱食品を「支える」ために。

#02

全国の営業担当者と得意先の心を動かす難しさ。

#03

欠品を防ぎ、365日得意先の期待に応える。

#04

常にミスが許されない環境で数千社とのビジネスを支える。

#05

1つの惣菜にも生じる大きな責任。

#06

チームや協力会社を束ねてこそ、実現できる「あたりまえ」。

#07

異なる事業をまとめて導く。「舵取り役」は試行錯誤の連続。

#08

最大級の在庫移動があってもいつも通り、ライフラインを繋ぐ。

#09

成功もあるが失敗も多い営業活動。その大変さを支えるのは「食」への想い。